11
1
2
3
4
7
8
9
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

桜カップIN熊谷

今日は桜カップIN熊谷の2日目。

花園JVCは3位グループ
江南体育館で行われました。

【大会結果】

0ー2 小堤
0ー2 久喜ペガサス
0ー2 常盤えんじぇるす

今日は全敗です。

今日の課題は
技術よりまず、『気持ち』
逃げない気持ち、諦めない気持ち
昨日のBスさんを少しでも真似してみよぅとする気持ち

そんなたくさんの気持ちを
コートに…言葉に…
出して自分を変えていこう。

今日は、新6年生には
自分を変えていこうとする気持ちが伝わってきました。
そんな6年生の頑張りを見ていながら
怒られる事が怖くて
自分も何かを変えてみようと勇気の持てない5年生以下

マル監は子供の可能性は無限だと思っています。
そんな無限の可能性をもった子供だからこそ、何事にも挑戦する気持ちを忘れてほしくありません
『出来ない、やれない』と諦めるのは好きじゃありません

最後の常盤戦
6年生が『いつも試合には出られないけど一生懸命応援しについてきてくれてる3年生と試合をしたい』
と話してきました。



6年生が自分達の意思を
マル監に伝えてきた。
いぃ事じゃなぃですか
『よしっ!わかった!!
お前達が話し合って決めた事なら
お前達のやりたいようにやってごらん』
と話しました。

そして
6年2人に4年1人に3年生3人の試合が始まりました

3年生に3人を前におき
6年2人が後ろで拾って、前に上がってスパイクと
かなりハードな動き。

でも6年生2人が3年生に負担をかけないように…ってこんなに必死にボールに食らい付き



3年生は必死に声をだし
りーさんは、点を取るたびにこんなに喜んで…



相手のサーブが顔にあたってしまったりーさん
それでも泣きながらも前を向き
『持ってこーい!』って声をだし…

タイムの度に
『りーさん、Hり、A霧なら出来るょ。
3年生だからと言って絶対に諦めない。
絶対に甘えないんだょ!
6年生のために最後まで頑張ろぅ! 』

と言うなつこーちに

『はぃっ!!』

今にもこぼれそうな涙を
歯を食いしばって必死に答える3年生達。

上級生のサーブ
上級生のスパイク
3年生になったばかりの3人にとっては
どれだけ怖かった事でしょう
どれだけ怖くて心が折れそうなった事だろぅ。
それでも必死に頑張ろうとしている3年生に感動しマル監は涙が出ました

そんな3年生の為に
小さな体で必死に負けるもんかと
頑張っている3年生の為に
6年生のR花子とHなも答えてあげよぅと
必死にボールに食らいついて…
必死に走り回ってつないであげて…

コートにいる6人が
とにかくがむしゃらに…
とにかく必死に…
とにかく声だして…

これがチームワークって感じました。
ベンチにいたマル監も感動して涙が出てきました

最後は常盤さんのスパイクが3年生の所に飛んできて、
拾いに行ったHり
わずかあと1歩及ばず、コートに落ちてしまいました

ピピーッ

っと試合終了のホイッスル

次の瞬間、レシーブ出来なかったHりが
号泣していました

自分のプレーで負けてしまった
自分のミスで終わってしまった事が
むちゃくちゃ悔しかったのでしょう



怖くて折れそうになりながらも6年生の為に必死に頑張ったりーさんもA霧も号泣



そんな必死に頑張ってくれた3年生を
必死にフォローする6年生



みんなが必死でみんなががむしゃらに
これが花園JVCなんだょなぁ

自分達の為に必死に頑張ってくれた3年生に改めて感謝を感じた6年生。
6年生の為に必死に頑張った3年生。
必死に頑張った3年生を見ていた5年生と4年生。

5年生達、何かを感じてくれたかな?

何かを感じたら
変えてみようょ!
何かをやってみよぅょ!
そんな勇気を持とうょ!

明日からじゃなく『今』から…ね♪

桜カップIN熊谷の2日間
今年も貴重な経験が出来ました

桜カップIN熊谷の役員、関係者の皆さん
大変お世話になりました

この2日間の経験が
子供達の心が強くなると
信じています

だって子供には無限の可能性を持ってるはずですからね
スポンサーサイト
Secret

見てくれた人

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

プロフィール

マル監

Author:マル監
花園JVCのマル監です。
元気!笑顔!感謝!がモットー
いつも一生懸命な子供たち
私も子供達のパワーに負けへんでぇ~♪

最新コメント

ブロとも一覧


痛快!天使ダディ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR