07
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

親子の話

今日はマル監ではなく
ちょっとだけ母としてプログを書かせていただきます

先日、なつこーち(娘)が
23回目の誕生日を迎えました



私も母となり23年を迎えたわけでして

気がつくとアッと言う間に過ぎてしまいました
23年前の夏に産まれ
(夏に産まれたからなつこーちと言うわけではないのですが…)
小さい頃から甘えん坊な子でした。

私がママから指導者になった経緯は以前にも書かせていただきましたが…

私がママから監督になってから
『みんなには優しく見守ってくれるママがいるけど、自分には厳しく指導する監督はいるけど
優しく見守ってくれるママはいなぃ』
とよく泣きながら訴えていました



そんな娘が中学を卒業し
土日も遊びにも行かず
毎回私に付いてきて練習を手伝ってくれました。

親子だから気持ちが理解し合えるところもありますが、練習の事や試合での指示、子供達への想いなど親子だから気を使わずケンカする事も多々あります。

ママだった私が指導者になり
監督とこーちと言う関係になり
娘にとってはママはいつも師匠みたぃなもんなんでしょうね

仕事も忙しく、遊びにも行けず
胃を壊しながらも
それでもいつもママのそばにいて
ママの役に立ちたい。
そう思ってくれている娘です。

選手だった頃から
なかなか褒めてあげる事が出来なかった私ですが
本当は私にとってはありがたい助言をしてくれる右腕です

そんな娘が来年結婚をします
遠くに行ってしまうわけではないのですが
嬉しいながらもいつも近くに感じた娘が
ちょっとだけ遠くに行ってしまうようで
ちょっとだけ寂しぃ気持ちがします

本当に子育てはアッと言う間に過ぎて行きます。

時々、ジュニアのお母さん達から
マル監となつこーちのような
親子になりたいです。
なぁんて言ってもらえる事があります。
言いたい事を言い合い
ケンカもしょっちゅうしますが
そんな理想の親子なんて
思ってもらえるなんて光栄です



これからも私と娘
ケンカしながらも仲良し親子でいたいと思います。

【子育て真っ最中にいるお母さん、お父さん達へ】
➖子は親の鏡➖
けなされて育つと、
子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、
子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、
子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、
子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、
引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨んでばかりいると、
子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、
子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、
子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、
キレる子にはならない
誉めてあげれば、
子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、
子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、
子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、
子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、
子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、
子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、
子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりをもって育てれば、
子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、
子どもは、強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

お父さん!お母さん!
子供の性格は親に良く似ています。
子を見れば親がわかる。
親を見れば子がわかる。
子供は親の背中を見て育つもんです。
ぜひかっこいい背中を見せてあげて下さい。
スポンサーサイト

それぞれの大会

3(日)はそれぞれがそれぞれの大会に参加させていただきました



6年生は鴻巣交流大会にお邪魔しました。



5年生以下はNEWSリーグにお邪魔しました。



こんな風に別々に大会に参加させていただけるのは、何年ぶり

5年生達は初めての単独参加で
さぞ緊張したことでしょう



2-0 T盤
(21-8・21-14)
で勝利したようです

一方、6年生チームは



2-0 O川西
0-2 K巣北
0-2 K谷東

1勝2敗の負け越しです
今まで5年生に頼ってきた6年生達ですが
チームを編成をしてまだ間もない6年生達
まだレシーブの穴が埋められません

6年生、モルテン杯までに
間に合うように頑張らなきゃ

そんな中、肩を痛めてしまって肩が上がらないマル監
鴻巣交流に参加した子供達は6人きっかり
なつこーちは5年生達の帯同のため
マル監の代わりに球出しを出来るスタッフが居なければボール拾いをしてくれる下級生もいません

そんなマル監と子供達を気にかけてくれて
T盤えんじぇるすのみんなが助けてくれました







U沢先生とT田先生が子供達に球出しをしてくれて、えんじぇるすのみんながボール拾いをしてくれて…

そんなT盤さんの優しさに感動しました

いつもはライバルなのに
困った時にスッと助けてくれる
やっぱりスポーツっていぃなぁ
友情っていぃなぁって思いました

最後に勝って
『T盤さんのおかげで
って言いたかったですが力不足で残念ながら
負けてしまい悔しい

6年生達、君たちはこんな恵まれた環境を
当たり前と思うなょ
そして、そんなありがたい環境に
温かい友情に答えられる選手になりなさい

T盤えんじぇるすの皆さん
ありがとうございました

そして鴻巣交流大会の関係者の皆さん
NEWSリーグの関係者の皆さん
大変お世話になりました

今日の一コマ



マル監とミラクルのN妻監督
2人で手の長さ比べ

『あたしの方が長い!』
『いや!私の方が長い!』

『どっちも一緒だょ!』と…八ねぇさん

バッサリ斬られました。笑

それぞれのバレー教室

6/26(日)。
子供達はバレー教室が行われました

まずは【青少年夢のかけはし事業】
[NO.1バレーボール選手になりたい]に
7人が見事当選し、北本市体育センターに
行って来ました





残念ながら当選しなかった8人の居残り組は
花園小学校でバレー教室を開催しました



青少年夢のかけはし事業のバレー教室に参加した子供達の写真がぞくぞくと届きます







色々教えてもらったり



あっ小笹なっちゃんにサインもらってる

さぞ楽しいひとときが過ごせた事でしょう

さて、いっぽぅ花園小学校のバレー教室は
今回2年生が3人来てくれました







跳び箱ゃマット使って
遊び満載のバレー教室でしたが





フラフープを使ってサーブの練習。
(体重移動と体の使い方を教えてます)





ちゃんと6年生が優しく教えてあげています

子供達もたくさん盛り上げ
参加してくれた2年生も
『チョー楽しかった』って
言ってくれてました

居残り組の8人も
北本に行った7人の分も声出して盛り上げてくれたので
『みんなでフォレスト行くぞ~
ってなわけでバイキング





たくさん食べて満腹

食べた分消費しなくちゃって帰りは歩いて帰りましょう





それぞれのバレー教室
それぞれ楽しいひとときが過ごせました

最後にH葵のママがみんなに名札を作ってくれました



ふっかちゃん型の可愛い名札
もちろん全員分

素敵な名札を作ってもらったから
またバレー教室やんなきゃね

青少年夢のかけはし事業の関係者の皆さん
上尾メディックスの皆さん
H葵のママ
ありがとうございました



見てくれた人

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

プロフィール

マル監

Author:マル監
花園JVCのマル監です。
元気!笑顔!感謝!がモットー
いつも一生懸命な子供たち
私も子供達のパワーに負けへんでぇ~♪

最新コメント

ブロとも一覧


痛快!天使ダディ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR